【ジムトレーナーが教える】ダイエットを考えたらスクワットから始めよう!

投稿者: | 2021年11月21日

公開日2021年11月21日 最終更新日 2022年5月27日

ゆく秋の寂しさ身に染みるころ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は最近ワンピースにはまり、財宝を求め海へ出ました(笑)

冗談は置いておいて本日のメニューを紹介します。

本日は、スクワットのやり方です!!

スクワットって足が太くなって、ゴリゴリになってしまうのでダイエットを考えてる人だけでなく筋トレ初心者の人もあまりしていないという方は多いのではないでしょうか?

実は、スクワットは足を細くしたいという方にお勧めのメニューなんです!

スクワットだけでなく、階段の上り下り等の足を動かす運動は代謝を上げる効果があります。代謝を上げることで成長ホルモンが分泌され脂肪酸が分解されます。それから脂肪が燃焼されていき、足がキュッと引き締まります。

ボディービルダーはプロなので、何百キロもの重りをかついでいるので、そりゃムキムキになりますよね(笑)

まずは、重りなしで手ぶらから始めましょう!

では、スクワットのやり方を説明していきます!

基本の姿勢

まずは、周りに障害物や人がいないか十分に注意してしっかりとスペースを確保しましょう!

つぎに足を肩幅分開き、つま先は外側に向けてがに股になりましょう。がに股にすることで自然と胸を張ることができ、正しい体勢になります。

両手は頭の上でもどこでも構いません、一番楽な体勢をとってください。

これが基本の姿勢です。

では、いよいよ膝の曲げ伸ばしです!

膝を曲げるときの注意点

基本の姿勢がとれたらゆっくりと膝を曲げていきましょう。

膝を90度のところ(床と並行)まで曲げたら、また同じようにゆっくりと上げていきましょう。

これで1回です(⌒∇⌒)

最初は10回を3セットしてみましょう!

ここで注意ですが、腰は常に真っすぐを意識しましょう。猫背になったり、反らしすぎるのは悪い例です。

腰を曲げないポイントとして、へそに力を入れ、目線はまっすぐ水平線を見るように意識してみるといいでしょう。

さらに、つま先より膝が前に出ないように意識しましょう。

ひざを前に出しすぎると、前の太ももに筋肉がついてしまいますが、スクワットは後ろの太ももであるハムストリングを刺激する方が効率がいいと言えます。

慣れてきたら重りをつけてみよう

ここまでの動きを毎日続けているだけでも、十分に代謝はよくなり脂肪は燃焼されます。

物足りないと感じた方には、負荷をかけることをお勧めします。ジムに行っている方は、スクワット器具でまずはプレートなしの棒だけでやってみるといいでしょう。

ジムに入会していない方も安心してください!実は日常にあるもので筋トレに使えるものはいっぱいあるんです!

リュックサックに分厚い本を5冊ほど入れて見みましょう!

そのリュックを背負ってスクワットをすると、普段よりもより質の良いトレーニングができると思います!

また、トレーニングベストを購入してみるのもいいかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

スクワットは簡単に短時間でできるおススメのトレーニングです。

”ダイエットをしたいけど足は太くなりたくない”と考えていた方が、もしこの記事を読んでいただけたなら幸いです。

はじめからムキムキだったという方はいません。だれだって最初は初心者だったのです。

まずは、この地道なスクワットからダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?

また、僕たちはインスタグラムもしているのでフォローよろしくお願いします。

https://www.instagram.com/omeatmeet

【バストアップ効果】すきま時間に合掌トレーニングで胸を鍛えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。